1. ホーム
  2. サービス
  3. QPQ処理、修理全般

サービス

QPQ処理、修理全般

黒染め、ガンブルーとは、全く違う表面処理です。

SQプロセスは、西ドイツ・デグサ社によって開発された表面処理の新しいプロセスです。
SQプロセスは、イソナイト処理(580度)直後350~400度のAB-1塩浴に浸せきすることにより、窒化化合物層にマグネタイト:Fe3O4を形成させ高耐食性、高焼き付き性を向上させます。
また、SQPプロセスでは、研磨行程を追加し、表面光沢を可能とし、さらにQPQプロセスでは、再度AB-1塩浴を行い、耐食性をさらに向上させます。

硬質クロムメッキを上回る耐食性を発揮します。

クラブのソール部分の黒色被膜がとれても、化合物層があるために、すぐに錆びることはありません。フェース面のスコアライン部分の耐摩耗性もSQプロセスは、非常に優れています。

QPQ処理と他表面処理との塩水噴霧性能比較試験結果

(JIS Z2371に基づく) *発錆時間は、テスト片の表面積の50%程度に赤錆発生を認めた時間です。

表面処理方法 発錆時間
無処理 10分
ニッケルメッキ(10μ) 80分
硬質クロムメッキ(10μ) 90分
QPQ処理 80時間

特徴・処理工程

耐性

無料試打申し込み

飛距離を年齢で諦めていませんか? ND Iron

コンマ5秒の世界 UP5

シャフト剛性測定器

ゴルフ・アカデミー

からだが変わる。ローファット生活

ロングドライブ情報ポータルサイト。LongDrive.Yardstick.jp

Flight Vision

ページ上部へ移動する